哲学の道の桜

画像
京都市左京区の東山山ろくをゆったりと流れる疎水。琵琶湖の水を京都へ運び、さらに疎遡上し松ヶ崎まで駆け上がる水道です。
春は桜の並木道、夏はほたるの舞う水道、秋は紅葉に染まるせせらぎです。京都人を和ませ元気づける生活の水道なのです。
撮影は2014年4月2日午前8時30分ごろです。
こちらをクリックしたいただくとほかの写真もご覧いただけます。携帯からはこちらをどうぞ